読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

come away wiÞ mii

非生産性のファッション分析

似合わない服の叫び

 

こんにちは、バイト休憩のハルです。

 

突然ですが街中で『うっわ似合わないなあのシャツ!』とか、お気に入りの高かった洋服が『似合わなくね?』って言われる瞬間、ありますよね

 

 

僕はかつて、美容師の服装がかっこいいと思ってゆるっとした服にヒョウ柄のハットを合わせてる時期がありました。が、見事にキャラクターに合わず、やんわりと指摘される日々がありました。。

ギャルに帽子を褒められたのは嬉しかったけども…

 

 

でも、似合わない服ほど気に入ってたりしませんか?

僕は全然似合わないけどやろうとしてることは分かるっていうファッションを見ると、その人の人間味とかエゴとかが見えて最高な気持ちになります。

 

馬鹿にしてるわけではないと分かっていただけるとおもいますが、欠点を愛する性質っていうのは人間誰しも持っているものだとおもいます。

 

 

美人の顔を愛してるだけじゃ全然足りないっていうことですよね。

 

 

みなさん似合わない服をきた人を見たら指摘なんてするのは野暮です。

そんなことよりその人のなりたい姿を想像してこなれた感じにしてあげたいですね…!100パーセント似合わない服なんて探す方が難しくて、なんとか着る方法が大体はあるものですから…