読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

come away wiÞ mii

非生産性のファッション分析

僕の嫌いな伊勢丹型おじさん

 

こんばんは、ハルです。

今日は比較的あったかく感じます

 

 

さて、こんなに素敵な成人式の日に伊勢丹型おじさんのインスタを見つけてしまい、こう、思ってることを書きたくなり緊急で書いてます

 

 

伊勢丹型おじさんとは

伊勢丹のスーツスタイルをコピーして、金にものを言わせた腕力つよめのスタイルを作り上げる人のことです。

 

 

僕はファッションが地位なんてもの現さないで欲しいので、はっきり言うと気にくわないのです。

だって、服を着る喜びっていうのは、人と違う自分を確認する行為であり、自分のなりたいものへのリスペクトがあるべきです。

ブランドっていうのはそのリスペクトの最たるものでして、それを着るには理解と品格が必要だと思うんですよ。。

 

つまり、持ってる高いロレックスとかを、ベルベストのスーツに合わせて仁王立ちする写真なんて嫌悪感以外なにがあるのでしょうか

 

レックスにもベルベストにもなんの罪もないです。ただ、成金のようなブランドの合わせに、いまどきエサイタリア風の某仕掛け人によるちょいワルクソピチピチな服装ってのは下品極まりなく映るのも仕方がないと思うんです。

元々クラシコイタリアは、ハグをして挨拶をしてヴェスパに乗るイタリア人のため、Vシェイプはしっかりありながら、袖周りと腰周りには適度なゆとりがあります。

タックパンツをイタリア人は好みますね。

 

ブランドの理解が、リスペクトがしっかりしているならこんな失敗はまずありえない。

若い人ならこれくらいしても理解できますが、おじさんでは、あるべき寛容の心なんてものは発揮できません。

 

それにしても、雑誌のスーツ特集などの下品さは一体なんなんでしょうね。

ものはいいけど振る舞いや人選や髪型がだいたい気障で、なんか嫌味なんです。

 

つくづく品格とは知性のことだと思います。粋なスタイルをもつことのほうが、エドワードグリーンを磨くことより価値があると思いませんか?

ねえ伊勢丹信者のおじさんよf:id:haru6665:20170109200230j:image